--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2006.04.29 (Sat)

磁気治療器で

火傷しました。
先天性の脊髄麻痺で腰から下の感覚が鈍い私は、夜、親のベッドに寝ながら足に磁気を当ててて、ほぼ普通に感覚がある所が熱くて、治療器を足から話したけど、遅かった。
お風呂から出て来て、何気に膝に近いふくらはぎが赤い事に気がついた。初めは「虫に刺されたかな?」と思ったんだけど、痒みがない。そう思いながら何の気なしに触ってみたら“ブヨ”っていうじゃない!
よくよく触ってみたら火傷して、水ぶくれが出来てる。
その原因が何だったのかを思い出すのにも数分かかった。
しかも、こんなに感覚がないのも知らなかった。
水ぶくれ、潰さないようにしないと。
スポンサーサイト

テーマ : なんてこったい - ジャンル : 日記

23:03  |  未分類  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2006.04.28 (Fri)

今月も

お墓参りに行って参りました。それも4時起きの5時半でというチョ~早い時間に。親は「何もこんな早くに行かなくても」とか「毎月、無理して行かなくても」って言うんだけど、朝、目が覚めてが降ってないと正直、「降ってないよ~」と思うんだけど、行かなきゃ行かないで落ち着かないし。
起きたら、親が編み物をして未だ起きてるし 「早く寝なよ~」と言ったら「もう寝る」とベッドに入ったけど、仕事で9時半に起きなきゃいけないのに、起きれるの?
ご飯食べてると気になるらしく、寝ぼけてるのか「もう行ったの?」「食べた」って・・・もぉ~良いから早く寝んしゃい! 起きられなくなるよ。「で起こしてあげようか?」って言っても「大丈夫!」と。
玄関に立っても反応がない。らしい。出掛けにゴミを出して歩きで駅へ。
いつもを出る時間に乗換駅に到着。15分位待たされる。
乗った途端、爆睡
気がついたら最後の乗換駅の1つ手前なのに「次だ~」と思いつつ
降りる駅のアナウンスで目が覚めたけど、一瞬、何処に居るか分からなくなる。
直ぐに降りる駅だと分かって、何とか飛び降りた。これで降りそびれたら、新鹿沼まで行っちゃう。新鹿沼まで行ったら屋根はないし、電車が、なかなか来ない。
何年も前、居りそびれて新鹿沼まで行き1時間近く待たされた事がある。
昼間は東京と大して気温差はないけど、朝と晩は涼しい。
乗り換えて座った頃の前に私服姿の高校生か大学生風の男女3人が居た。
英語の教科書を開いて“hope”の意味について話をしてた。
大分苦戦してる。思わず横から口挟みたくなるわ。(笑)
彼女達は同じ所で降りて、バスに乗っていった。
私は、通り道のコンビニに寄ってお弁当を買ったけど、未だ時間が早くて花を買う所がない。
コンビニの近くの花も売ってる八百屋・・・もう開いてるかなぁ?
と覗きに行ったら、かろうじてシャッターが開いてた。これって一応、開いてるって事? 「すいませ~ん」と声をかけると、おばさんが出て来た。良かった、花が買える。
時間を見たら、未だ9時5分前。え 未だ、こんな時間 いつもなら未だ埼玉に入ったばっかりだ。
花も買ったし、あとはお墓に向かうのみ。
この前の様に、お墓の前の家の片目が白内障の柴犬に会いに行った。行ったら、いつもの様に犬小屋の屋根の上に乗る。本当は柵越しじゃなくて、直接触りたいんだけど、いかつい顔が噛み付きそうで怖い。
犬に手の甲の匂いを嗅がせると「敵意は、ありません」という事になるらしい。匂いを嗅がせたら、くるっと向きを変えて、「なでて」と言わんばっかりに尻尾の方をフェンスに押し付けた。可愛い
お犬様の相手もそこそこに、お墓へ。
今日は、何も感じない。お墓に9時20分頃到着。9時半に起きるって言ってたけど、起こすにはすこ~し早いかな。と思ってるうちに掃除を始めてしまい、起こす時間が気になりながらも「掃除をしながらするのもどうなの」と思って、をしなかった。
12時過ぎ位には、お墓参り終了。前3階位行ったお祖母ちゃんの実家のお墓には昨日、「毎月は、行かなくて良い」っていうから今日は、寄らずに帰宅。
帰りにまた、柴犬に挨拶をして帰る。行く時は吠えなかったのに、帰る時は吠えられた。
帰りも電車に乗った途端、爆睡。本を持って来たのに読むどころじゃなかった。しかも目が覚めたら乗換駅に停車中で、懲りずに居り損ないそうになる。
3時頃帰宅。
夜は夜で、夕食の買出しに近所のお店まで行って帰って来て、支度・片付けをして一人暮らしや既婚者は当たり前の事だけど、私のとっては寝不足で行った割りに苦じゃなく動けてビックリ。

テーマ : つぶやき - ジャンル : 日記

22:50  |  未分類  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2006.04.19 (Wed)

コウノトリ到来

アメリカの友達が妊娠3ヶ月だって。40まで要らないんじゃなかったの?
15:23  |  未分類  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2006.04.03 (Mon)

デトックスⅢ

私が読んだ本によると、毎朝ホットレモンを飲んで、最低1.7Lのミネラルウォーターを飲むらしい。私は水分を結構摂る方だと思うけど、実際、どの位摂ってるんだろう?
ホットレモンを朝飲む事は、理屈は分からないけど肝臓にとってもいいらしい。
毎日、最低ひとつかみ×4のサラダを食べなければならないらしいけど、毎日となると結構、難しいね。
にしん、鯖、鮭など油分を多く含む魚は更に栄養価が高いもの。なるべく新鮮な魚を食べるよう心がけると良いらしい。
そう言えば、母親が「鮭が食べたい」って言うから買って来たんだけど、いつもと違う所で買ったら、パサパサで美味しくない。味もないし。
3パックで¥1050って書いてあって、3パック買おうか迷ったけど、買わなくて良かった。
デトックス中、バナナは食べない方が良いらしい。その理由としてでんぷんと脂肪が多い・・・って、これ絶対、私、見間違えてる!
え゛~! コーヒーもダメなんだ? 好きなのに。(>_<)
体と心の為に実施すべきことと言うのがあって、毎日、心から笑う時間を作る・・・無理です!(笑)


テーマ : 腸内洗浄・腸内デトックス・デトックス - ジャンル : ヘルス・ダイエット

21:25  |  未分類  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2006.04.02 (Sun)

デトックス2

その人が溜込んでいる毒素のレベルによって、デトックスの前に好きだった食事が、デトックス後には楽しめないような事もあるかも知れません。
吹き出物、舌に苔…、毒素が排出されている証
紅茶やコーヒーを沢山飲んでいたら、カフェインが体から排出されるまで、1日か2日程、軽い頭痛を感じたりするでしょう。また甘い物を沢山摂っていたり、パンやパスタなどを、多く摂取していた人は、体がこのプログラムに慣れるまで、一時的に、活力がなくなるように感じるかも知れません。
また良くあるのは、体に小さな吹き出物が出たりする事です。こうした事は、体が全ての毒素を自分で浄化している事の現れです。皮膚は、体の中で最も大きな器官であり、排泄と浄化が顕著に現れる所です。
またデトックスの初期の段階では、舌に苔が生える事もあります。これもすぐになくなりますが、口臭がきつくなる事もあります。こうした症状が出た場合には、水分を沢山摂り体内を洗い流したり、毎朝舌をブラッシングしたりパセリを噛んだりする事で解決します。
こうした全ての症状は、毒素が体内から排出されている事の証です。

肝臓、腎臓、リンパ機能、皮膚は、毒素を排出する為に欠かせない重要な器官です。

・肝臓
肝臓には、健康にとって重要な機能がいくつかありますが、その中でも重要なのが、新陳代謝と解毒作用でしょう。
肝臓は、食べ物や環境から私達が取り込んでしまった毒素を、体が利用出来る物に変えたり、無毒化して蓄えたり、排泄したりします。

・腎臓
腎臓の主な機能は、血液中の毒素を含んだ老廃物を濾過し、それを尿として排泄します。また体液の量わ適度に保ち、KとNa(体液の流れを正常化するのに重要な成分)のバランスを整える役目も果たします。

・リンパ機能
リンパの機能は、体の老廃物を排泄する事です。
体の各部分にある、リンパ腺から作られるリンパ液には、食べ物から吸収された老廃物、余分な体液、死んだ細胞が溶け込み、それがリンパ節へと運ばれます。ここで老廃物は濾過され、血液中に溶け込み、皮膚や肝臓、腎臓などの排泄器官へと運ばれます。そして汗、糞尿となって体外に排泄されます。

・皮膚
体の中で最も広範に渡る器官で、沢山の重要な役目があります。

皮膚は健康状態を知る「鏡」
皮膚は、体内で何が起きているのかを知るのに大変有効な目安となります。「顔色が少し青い」、「肌の色が良い」、「肌につやがある」、「赤みがさしている」。これらは肌を通して、私達の健康状態を表すのに使われる表現です。
もし肌が体内で何か起こっているのかを映し出す「鏡」の役目を果たしているとしたら、顎の部分では、丁度、胃と腸に何が起きているのかを見る事が出来るでしょう。
言い換えれば、あなたの食事のスタイル、何を食べているのかが現れる場所。
顎にいやな吹き出物が出来る。誰にでも経験があります。そんな時、思い返してみると、その少し前に体に良くない食べ物や飲み物を摂った心当たりがある筈です!
そして、もしストレスが酷い場合には、肌は疲れて青白く見えたりします。もし病気であれば、色つやが悪くなります。これは極端な例ですが、それが深刻な病気であれば、横断が出たり、傷が治らずジクジクしたりします。

※排泄器官としての皮膚
排泄器官としての皮膚は、肝臓や腎臓には及ばないものの、かなりの量の老廃物(水、塩分、尿酸、アンモニア、尿素など)を排泄しています。皮膚は大きなザルか、ふるいの様な物。体に必要な物は残し、老廃物は外に排出してしまいます。
もし肝臓や腎臓が酷使され、正常に機能していない様な時は、皮膚は通常より多くの老廃物を処理しなければなりません。その場合には、湿疹の様な形でサインを出して来ます。

※保護膜としての皮膚
皮膚は様々な形で体を保護しています。外部の物質に対してバリア機能、また有害な細菌を殺す分泌液を出したりもします。そして、体内に入る物と出ていく物とを調整する役目もしています。乾燥を防ぎ、体から水分が失われない様にもしています。

※体温調節機能としての皮膚
皮膚は体温調節もしています。暑くなれば汗を体表から蒸発させて体温を下げようとします。寒くなれば、体から熱が奪われるのを避ける為に、血管を広げて体表の血流を遅くします。

※警告機能としての皮膚

皮膚は健康の危機に関して迅速に警告して来ます。もし私達が極度に冷たい物や熱いものに触れば、即座に反応する事が出来ます。

体内バランスを崩しているもの
体のバランスを崩すものは、勿論ですが、排泄器官に過剰な量の老廃物や毒素が運ばれたり、器官の機能が低下する事で、最終的に器官の機能不全を引き起こします。
次の老廃物は、体内で自然に作られ排出されているものです。

・大量の不要物や死んだ細胞。

・過剰で不要になった体液

・病気や怪我の為に、死んだり傷ついた組織。

これら老廃物の排泄は、体を正常な健康状態に保つ為に重要なもので、意図的に減らす事は出来ません。その一方で、老廃物が過度に溜まった場合には、いずれ「毒素」となり、更には「有害な物質」となっていきます。
老廃物の段階で、意識的に減らす方法は次の通りです。

・新陳代謝率を上げる。

・病気になった場合には、体内の器官は老廃物排出よりも体力を回復させる事を優先させる。まずは体力回復が最優先。

・ファーストフードばかり摂らないように。

・ストレスを発散させる。ストレスにさらされると体は「抵抗するかまたは逃避する」状態になる。

また、次のものを避けるだけでも効果があります。

・タバコ、お酒、カフェイン、薬

・極端に脂肪や砂糖の多い食事

・公害、排気ガス、殺虫剤などの環境汚染。

・精製された小麦、粉、砂糖。

このプログラムでは、まず始めに既に溜まった毒素を減らし、新しい食事法を通して完全に毒素を排出していきます。

毒素を溜め込む事で、一体、体には何が起きるのでしょうか?
ストレスにさらされる期間が長引くと、栄養状態が悪く、食物の吸収率も悪い期間が続く事になります。血圧が上昇し、心拍数も上がり体の機能が正常に働かなくなって来ます。栄養補給、体調維持といった機能は、ストレスに対するサバイバルの為の機能にとってかわられてしまいます。先程、挙げた重要な排泄器官は、消化不良の食物や老廃物の為に、機能不全になっていきます。

16:29  |  未分類  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2006.04.01 (Sat)

デトックス

ずっと興味のあったデトックスの本を図書館で借りて来た。
毒素を排出する、バランスのとれた食事とエクササイズを行う事により、最後には体が浄化され、活力に満ちた事を実感出来るものらしい。
こんな人に良いらしい。

ダイエットをしているのに体重が減らない。
肌がくすんできて化粧のノリが悪い。
睡眠を充分とっている筈なのに、疲れやすくていつもだるい気がする。
ひどい便秘で薬なしではお通じがない。
朝起きて顔が浮腫んでいる日が多い。
いつも気分が落ち込みで、頭がすっきりしない。

こういった症状に一つでも心当たりがあったら…それは毒素がかなり体に溜まっている証拠です!
私達を取り巻く環境は、有害物質に満ちています。気づかないうちに、汚染された空気、水、食物からかなりの有害物質を体内に取り込んでしまっているのです。
こんな状況を解決するには、体から毒素を抜く-「デトックス」をするしかありません。
欧米では以前から、人間の体が自ら持っている「解毒」、「浄化作用」に注目し、体から毒素を排出する為のプログラムとして、「デトックス」が盛んに行われてきました。
「デトックス」とは、食事療法、マッサージ、エクササイズを並行して一定期間行う事で、食生活の乱れや、環境汚染、運動不足、ストレスなどにより、体内に溜まってしまった毒素を体外に排出させる「美容健康法」です。

「睡眠を充分とっている筈なのに、疲れやすくていつもだるい気がする。
いつも気分が落ち込みで、頭がすっきりしない。」が当てはまる。
単に生命維持や生き延びる為に食べるだけではなく、友達と食事をしたり、運動が必要だという事も分かっているのに「何となく」体調が悪い、疲れるのは何故か?
著者は、こう言います。

「実は犠牲になっている大切なもの
私達は教育を受け、キャリアも積み、家族が居て、流行の服を身に着け、しょっちゅう外食をし、海外旅行に行き、ワインやビールを楽しみ、ちょっと長めの週末旅行もして、そして仕事の締め切りもかかえている…。
そんな生活に欠けているのは、自分自身の為の時間です。
私達は間を節約する為に、保存料、加工食品、精製食品、ファーストフードなど、色々と便利な物が発明されました。
そして食べ過ぎたり、食事を摂らなかったり、何処へ行くのにも車です。姿勢も悪く、体に合わない、締め付ける様な服を着たりしています…。
人間の体は素晴らしい事に、臨機応変にこういった事に対処していますが、結局は、次第にコントロール出来なくなって来ています。もし何も手を打たなければ、それに対する代償として、私達の体は段々と、症状を訴える様になっていきます。肌のくすみ、口内炎、慢性疲労、体重の増減など。
もしこの段階の、体からの信号を無視すると、もっと深刻な病気になりかねません。ですが、体からの信号を無視せずに対処する事で、良い健康状態に戻す事は出来ません。

「毒出し」=「予防療法」
デトックスは、体の中に長年溜まっていた老廃物、毒素を排出させる予防療法です。

以下に挙げる食品リストは、つい忘れがちなものですが、体には大変良い物です。

・ドライフルーツ

・生野菜

・カリウムが豊富な食品(野菜、果物、海藻、キノコ、穀類、種実類など)

・ニンニク

・もやし

そして誰でも知っている体に良い物としては、次の物が挙げられます。
・新鮮な果物

・野菜

・魚

・ハーブティー

・豆類

・水(ミネラル・ウォーター)


テーマ : ヒーリング日記☆ - ジャンル : 日記

15:41  |  未分類  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。