--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2006.07.29 (Sat)

日曜日だというのに6時半にトイレで目が覚めたら眠れなくなった!
そしたらお昼の12時近くなって眠くなって、3時半頃迄寝ちゃった。日曜日とは言え、何とだらしのない生活
今日は、盆踊り2日目。ゆきが、おかしい。大丈夫かいな
夕べお風呂に入らないで寝ちゃったから「早く入ろ」と思って入ったら母親がお昼とも夕飯ともつかないを作ってくれた。昨日の朝とお昼混合のも母親がやってくれたし、ここのところ母親がやってくれる事が多い気がする。
スポンサーサイト

テーマ : ひとりごと - ジャンル : 日記

11:07  |  未分類  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2006.07.28 (Fri)

自然の恵み

田舎の叔父さん(母親の義理の兄)からジャガイモ、玉葱を箱一杯に頂いた。
市で提供してる畑を借りて野菜を作ってるらしい。
18:22  |  未分類  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2006.07.25 (Tue)

柴又花火大会

柴又の花火大会。柴又の花火はのベランダから見える。去年、一昨年についで隣の母・息子の友達が来て、食べたり飲んだりしながらを見てた。
それは良いんだけど11時頃までベランダ近くでアハハハ!! (o_ _)ノ彡☆ポムポム☆ミヽ(_ _o) (-"-;

テーマ : これってどうよ? - ジャンル : 日記

11:15  |  未分類  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2006.07.22 (Sat)

今シーズンも

セミがデビュー。未だ下手くそですが。

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

13:12  |  未分類  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2006.07.19 (Wed)

救急車!?

日付変更線を越えた頃、オカンが「呼んでくれる?」と。何? !? 首筋もつって、右下にして寝るとの中でドキン、ドキンと拍動が聞こえるらしい。「首の張ってるのが取れれば、少しは楽になるかも」と言うので意識もハッキリしてるし、母親の希望を聞いて鍼を首に打ってみる事にした。
終った頃には、全身の痛みも薄らいで病院には行かず寝て、少し様子を見る事になった。はぁ~まげた。
12:05  |  未分類  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2006.07.11 (Tue)

旨かぁ~

先月、満員で入れなかった呑み屋に行って飲んだ。
チューハイ4杯飲んだら、オカンに「良い加減にしなさいよ」と言われた。こんなもんで飲みすぎなんかい!

テーマ : こんなことありました - ジャンル : 日記

00:47  |  未分類  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2006.07.03 (Mon)

スランプ

恐怖症の話は、前にも何かのを読んだ時に、ブログに書いた気がするけど、逆転発想のすすめの中に、「赤面恐怖症というのは、対人恐怖症の一つで、自分を認めて欲しいと思っている人、自分がひそかに憧れている人が相手だった時にそうなりやすい。
この赤面恐怖症は日本人に多い」ので日本の挨拶の習慣に原因があるという人も居るらしい。
欧米人は手と手を握り締めて、視線を合わせて挨拶する。ところが日本人の伝統的な挨拶が“おじぎ”である。おじぎをする時は視線を合わせないようにしている。その辺から日本人は“目を合わせない”生活に慣れているという事らしい。
このの内容とは関係ないが、日本人が挨拶でお辞儀をする事の意味についてある人が、「お辞儀を別の言い方で“礼”という。人間には誰にも背後に“守護霊”というのが居て、自分が相手にお辞儀をする事によって、互いの守護霊を見せる事が出来る。それによってお互いの守護霊が仲良くなれば、自分達も仲良く出来る」と言っていた。なるほど。

テーマ : 読書メモ - ジャンル : 本・雑誌

16:59  |  未分類  |  トラックバック(0)  |  コメント(1)

2006.07.02 (Sun)

コンプレックス

図書館から「茂太さんの逆転発想のすすめ コンプレックスを“力”に変える秘密の方法」というを借りて来た。このの中に、「正常な状態とは何かと言えば、ちゃんと理性が働いていて衝動をコントロール出来る状態であると言える。これは同時に何らかのコンプレックスが自分を縛っている状態でもある。従って、理性のある人間ならば誰にもコンプレックスはあるし、理性が強い人であればある程、コンプレックスもまた強いという事が出来る。コンプレックスがある自体は、決して心配のいらない事なのである。
何故、コンプレックスにとりつかれるのか。問題は他人と何らかの関わりを持つ時である。自分を良く見せたい、恥をかきたくない、ここで良い所を見せたいといった心理が働いた時に、不安でドキドキしたり、アガったりする。劣等感に悩む。つまりその裏には向上心、自尊心があるからだ。これは悪い事だろうか。そんな事はない。向上心がまるでない人こそダメ人間なのであって、それを持っている人は、限りなく成長する芽を持っているのである。」
私も良く、「悩んだって、しょうがないじゃん。」と如何にも「悩む事がいけない事」の様に人に言われ、“悩まないように”と言う訳にはいかないけど、人に心の内を話さないようになった。
だけど、悩んで良いんだ どんどん悩んで前に進めば良い。悩むから成長する。

テーマ : 読んだ本。 - ジャンル : 本・雑誌

13:57  |  未分類  |  トラックバック(0)  |  コメント(1)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。