--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2012.04.06 (Fri)

変わり果てた姿で…。


朝6時半。
突然インターホンが鳴った。
わが家は未だ爆睡中。
思わず今、何時かと思ったらナント未だ朝6時半だよ。
母親が出て行ったら並びのAさん。
「これ、作ったんだけど早い方が良いと思って。」
「早い方が良い。」ったって朝の6時半って言ったら未だ寝てるか忙しい時間だと思うんだけど…。
【More・・・】
夜8時半を過ぎても未だ私が、のんびり夕飯を食べて、そろそろ終わる頃、「ぴんぽぉ~ん♪」とインターホンが。
母が中から「ハイ」と言うと「SとKです。」
こんな時間に珍しいな。

S&K:今日3時半頃、Iさんの娘さんが…。

母:え゛、亡くなったの!?

障がいを持って生まれて来て二十歳まで生きられないと言われて41年。
去年の夏頃から弱り初めて固形食も食べられなくなって全然苦しまずに逝ったらしい。
丁度、私は郵便局に支払いやら障がい者に支給される青い鳥ハガキの申し込みが、そろそろだろうと思ってKちゃんの分もと申し込み書を2枚もらって帰ろうと思ってた時間だった。
霊感は全くないつもりだけど虫の知らせかな。
少し遅い時間帯ではあるけど9時半にKちゃんと親交のあった近所の人、数人がIさん宅に集まってお線香をあげさせてもらうという事になったと連絡が来て、急いで支度。
Iさん宅の前に数人のご近所さんが。
中には涙ぐんでる人も。
小学生位から知ってる人も居るみたいだから。
この前クリーン作戦(町内の掃除)の時に会えなかったお父さんもげっそり
並びなのに月単位で暫く会ってない。
Kちゃんに付きっきりだったお母さんが心配で思う様に外出も出来なかったみたいだからお父さんも相当、心労が貯まったでしょう。
いよいよKちゃんとご対面。
言い方は悪いけど巨漢位に体の大きかったKちゃんが頬は、こけてガリッガリに
だけど腹が立つ程、肌が綺麗。
で、こんなに髪多かったっけ?
気が付いたら息をしてなかったみたいで、家の叔父さんは死ぬ2日前に腰を触ったら脂肪が丸っきりないもんだから骨盤の骨がボコっと出てて、それが当たるらしく「腰が痛い。」って言ってたけど痛がる事なく逝ったらしい。それが救い。
叔父さんが入院してる時は叔父さんの顔も知らないのに叔父さんの為にと千羽鶴ならぬ50羽(だったかな?)鶴を持って来てくれたKちゃん。
お世話になりました。
Kちゃんのご冥福をお祈り致します。
その後11時頃、「ご飯食べたのかな?」という話になって、お鍋に野菜スープを入れて持って行ったら真っ暗。
もう寝ちゃったんだわ。

テーマ : (。´‐ω‐)みぃ… - ジャンル : 日記

23:24  |  ふれあい  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除に必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://hitopon.blog46.fc2.com/tb.php/1057-95521eea

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。