2010.03.28 (Sun)

並びに一人で暮らしの80代の女性の家の湯沸かし機が前から使えなくなっている。
前に住んでた所は建物が3棟あって、そこの住民は去年から順次何処かに引越しをさせて給湯器を付けたりユニットバスに取り替える工事をしてるらしく、今ある湯沸かし機がいらなくなるので譲ってくれる人が居ないか相談の電話を母が知り合いに入れたら、知り合いのお姉さんが給湯器のある所に引っ越して、「あんまり使ってないのがある。」というので、それを今日辺り母が貰いに行こうと電話をしたら、去年、自転車で転倒して首を痛めて、レントゲンを撮ったら首の骨が潰れてる事が分かって最近は、座ってても自分の体を真っ直ぐに保つ事も難しいらしく、そうなると湯沸かし器は兎も角、「ご飯の支度もろくに出来ないだろうから。」と家で作ったおかずを持って夕方でかけて行った。
【More・・・】
給湯器とユニットバスの取り付け工事は来年になるらしいけど、何処に移されるのか知らないけど首が、そんな状態で引越しなんか出来るの?
って、しない訳いかないんだけど半年くらい工事期間があって、その後、また戻って来ないといけないらしく他の棟に住んでた年配の人が引越しの疲れやストレスで亡くなった人が居たらしい。
普通、「戻りたくなければ戻らなくて良い。」って事になると思うんだけどねぇ。
引っ越した先の方が気に入ったとかあったりするでしょう。
7合のお米と大きな梅干を頂いた。
スポンサーサイト

テーマ : ひとりごと - ジャンル : 日記

23:39  |  未分類  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除に必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://hitopon.blog46.fc2.com/tb.php/366-8cce0012

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |