2011.11.10 (Thu)

出して貰うの忘れた!

朝起きてすぐに前回、外来に行った時にお願いしておいた物品が未だあるか大学病院に確認の電話をしたら、どうも他の人が注文した分で先に持って行かれたらしいけど電話対応してくれた事務員と看護師の機転で直ぐに用意してくれる事になり。
「来月上旬に入れておいて頂けますか。」と言ってたのに、いつまでも行かず急な連絡にも対応してくれた外来スタッフに感謝。
【More・・・】
ボルタレンテープもきれちゃったし午後に行く事に。
お昼を食べて駅へ行くバス停に向かってたら後ろからバスが来た。

はたから見たら歩いてるのと大して変わらないであろうスピードだけど大疾走
だけど、やっぱりバスに追い越された。
良い人だとクラクション鳴らしてバス停で待っててくれるんだけど無反応。
「止まってくれないだろうなぁ。」と思いながら走ったけど案の定バス停を通り過ぎた。
一応バス停まで行ったけどドア開けてくれなかったし。
時間見たら春くらいに変更された時刻がまた変更されてる。
しかも私が時間に出た時は時間より5分位遅れて来るのに今日は、2分遅れただけのほぼ時間通り。
1時54分のバスがあるけど、これこそ時間に来てくれなかったら3時の受付に間に合わないので仕方なく家の方向に戻り家を通り越して20分近く歩いて駅へ。
とんだタイムロスより体力ロス
駅を出て病院に向かう途中、橋の上でJRの御茶ノ水駅と川の風景をスケッチしてる年配の男女3人が居た。
ブログに載せようと、その後ろ姿を写メで撮ったけどスケッチしてる人の姿が近くでハッキリ写り過ぎてるのも盗撮(!?)とか問題ありそうなので止めときます。
無事に受付時間に間に合った。
って言うか駅の時計を見たら思ってたより時間があって駅から走らなくて済んで助かった。
1時間位待たされて、やっと診察。
って言っても湿布と物品を貰うだけなんだけどね。
ところが、いつも貰ってるボルタレンテープが出してもらえないらしい。
先生が外来会計か院内薬局に問い合わせてくれたけど「もう出ないみたいです。」と一言だけ。
「認証の問題でしょうか?」と聞いても「そうだと思います。」と、それだけ。
前に違う先生の時に製薬会社の工場が東北の方で、震災の関係で出して貰える量が限られてる時は、その様に説明がちゃんとあったんだけど今日の先生は何だか反応がパッとしない。
先生が問い合わせしてくれた所のスタッフも何だかパッとしないのか。
何だかなぁ。同じ作用で同じ枚数のロキソニンテープを変わりに出して貰う事に。
地震や事故で電車が止まる事もなく無事に地元に到着。
調剤薬局でボルタレンを出してもらえないっていうのがどういう事なのか聞いたら診察してくれた先生に聞いてくれて病院毎に「この薬は、いつまで出せる」というのが決まってて、その期限が切れたらしいけど「薬局にボルタレンテープの在庫があるから、それを出しても良いですか?」と聞いてくれてOKが出て出して貰える事に。
「何か貰い忘れてるのがある気がする。」と思いながら地元に帰って来て薬剤師との話で「
人参養栄湯を出して貰うの忘れた!
「それも出して良いか聞いてみますね。」と言ってくれ、それもOKが出て一安心。
忘れっぽくて、お世話かけます。
薬局の前の大型肉店で1kgのカレールーを買って帰宅。
母も夕方、肝臓の薬を貰いに行って未だ帰って来てなかった。
着替えながら甘い物を食べながらボケーッとしたりチンタラやってたら母から電話が。
「駅前に居るんだけど、おそば食べに行かない?」と。
折角、部屋着に着替えてバッグの中も全部出したのに、また着替えて先に食べててもらって私は歩きで駅前のラーメン屋へ。
先月やったピロリ菌の検査で菌が居なくなかったかを調べるには組織検査をする必要があるらしいけど、その病院では出来ないらしく(!?)
あ~面倒くさっ!
で、母はタンメンと餃子のセット。
私は味噌ラーメンを食べたかったけど餃子とのセットがなくて考えた挙げ句、母と同じ野菜たっぷりタンメン餃子をオーダー。
母は歳らしく最近、全部食べられない事が出て来てラーメンも少し貰って食べて、私のお腹は既にメタボ状態
今月は飲み屋にも行ったし腸内環境整えるの大変そうだ。
スポンサーサイト

テーマ : 今日のつぶやき。 - ジャンル : 日記

17:02  |   |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除に必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://hitopon.blog46.fc2.com/tb.php/924-0cb2ea94

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |